〒689-3335 鳥取県西伯郡大山町上万723-3

℡0859(53)5073

最先端技術を駆使した 451P電離箱サーベイ・メーターは、通常の環境下のみならず、苛酷な環境下においてもお使い頂けるバッテリー駆動のハンド・ヘルド・メーターです。

 

自動レンジ切替で、各種の放射線源( X線とガンマ線)からの線量率と蓄積線量を測定します。電離箱検出器は漏出、原子線錯乱、およびピンホールからの放射線に対して高速応答が可能です。また、低ノイズ・チャンバー・バイアス電源による高速バック・グラウンド時間設定が可能です。

 

デジタル・ディスプレイで、ディスプレイ部には、アナログ・バーグラフ、 2.5桁読み値表示、バッテリーの残量表示、フリーズ(ピーク・ホールド)モード・インジケーター表示があり、自動のバック・ライト機能も搭載されています。ユーザー操作部は、ON/OFFボタンとMODEボタンで構成されています。ケースは、軽量かつ堅牢で、水分が内部に入り難いよう設計されています。

 

RS-232インターフェイスを使用し、コンピューターに直接接続して、Windows対応 Excelアドイン (451EXL)と連動することができ、本器の諸機能を拡張することができます。このソフトウェアにより、データの取得とユーザー・パラメーターの選択が可能になります。

 

(同)放射線測定システムでは高感度電離箱サーベイ・メーターのレンタルも承っております。

機材の必要日数に応じてレンタル期間は1日から対応可能です。詳しくは下記までお問い合わせください。

 

お問い合わせ先:合同会社 放射線測定システム 

電話:0859-53-5073(Fax兼用)

mail:houshasensisutem@sea.chukai.ne.jp

高感度電離箱サーベイ・メーター(451P型)
検出器 加圧型電離箱
エンドユーザー X線装置製造者
自治体の検査官
政府機関
生物医学技術者
輸入貨物スキャナーのメンテナンス技術者
検出放射線 X線、ガンマ線
FLUKE-Biomedical社製(米国)

主な機能

・線量率と線量の高感度測定とピーク線量率の記録が可能

・自動レンジ切替および自動ゼロ調整

・オプションの Windowsベース Excelアドインと連携する RS-232通信インターフェイスによりデータの記録が可能

・人間工学に基づく疲労防止ハンドル。取り外し可能グリップ、リスト・ストラップ、及び三脚マウント

・バッテリー交換が容易な本体下部の電池蓋

・線量当量のエネルギー応答が利用可能

 

検出放射線 ベータ線 1MeV~
ガンマ線 25 keV~
作動範囲応答時間

・0 ~ 5μSv/h (5秒) ・0 ~ 50μSv/h (2秒) ・0 ~ 500μSv/h (1.8秒)

・0 ~ 5mSv/h (1.8秒) ・0 ~ 50mSv/h (1.8秒)

確度 読み値の±10%。(各レンジのフル・スケール値の 10~100 %の範囲内)
検出器 電離箱(空気電離) 230 cc
電離箱壁面(フェノール樹脂) 246 mg/c㎡
電離箱検出窓(マイラー) 6.6 mg/c㎡
ベータ・スライド 440 mg/c㎡
自動機能 自動ゼロ調整、自動レンジ切替、自動バック・ライト表示
電源 9Vアルカリ電池 2本で 200 時間作動
ウォームアップ時間 2分(但し環境と同じ温度であること)
バック・ライト付アナログ/デジタル表示 アナログ 6.4 cm長、100セグメントのバーグラフ。バーグラフは 5つの主要セグメントに分割。各セグメントに本器の測定レンジに適した数値で表示
デジタル 作動レンジに応じて 500カウントのデジタル表示。測定単位は常時表示。数字表示部の高さ 6.4 mm。低バッテリー及びフリーズ(ピーク・ホールド)モード表示
モード 積算モード 電源投入後 30秒後に継続的に作動。積算は表示がμSv/hあるいは mSv/h表示時でも実行
フリーズ・モード バーグラフに表示されたピーク値を示す目盛りを維持しながら計器は測定を続け、リアルタイムで放射線測定値を表示
使用環境 温度範囲 -20℃~50℃
相対湿度 0 %~90 %
屈地性 < 1 %
エネルギー特性(代表値) 窒素16 ガンマ線の測定値の 110 %から 120 %(Lowell 大学における調査による)
寸法 10 cm x 20 cm x 15 cm
重量 1.07 kg

 

Homeご挨拶事業内容胃Makra会社概要関連情報お問い合わせ